ホーム » 違う病院への転職を成功させるには

違う病院への転職を成功させるには

看護師として病院に採用されたは良いものの、気持ち良く働けるという保証はありません。職場自体に不満はなくても、実際仕事を始めてみて別の希望が湧くことも珍しくないです。そこで転職活動をするのですが、成功させるにはポイントを押さえておかなければなりません。

まず、勤続年数が短いにも関わらず転職する場合、性格的に粘りがないと思われても仕方ありませんし、面接ではなぜ早期に退職するのかという点は必ず聞かれます。そんな時に、人間関係の悪化などネガティブな発言をしてしまうと採用を勝ち取るのは難しいです。人間関係の問題は非常に苦しいかもしれませんが、またこの職場で同じことが起こったらどうするのかと思われてしまいます。ネガティブなことが真の転職理由であっても、通勤時間の短縮等別の理由を答えるようにしましょう。

ある程度勤続年数が多い場合、なぜ今の職場から離れる必要があるのかという問いに答えられなければなりません。単純に考えても、今のままキャリアを積めばより上の立場になれるのに、なぜ移る必要があるのか気になるためです。この場合、やはり更に自分自身を成長させるという意思を表明すると効果的です。今の病院でも色々な経験ができるのは間違いないですが、一度外の世界を見ることも成長できる一つの要因です。

女性であれば働くうちに結婚など大きなイベントもあるので、そのタイミングで移ってみるのも悪くありません。転職によって、また一から刺激的な看護師人生を歩むことができるでしょう。

2019年7月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ